FC2ブログ

ZとSの違い2

さて先日に引き続き、ZとSの違いを説明します。
先日のブログでも触れましたが・・
新しい織機で織り上げる21ozデニムは、糸が固く締まってビシッとした顔で、古いシャトル織機で織り上げる21ozデニムは、糸が緩めでふっくらした顔になります

その差がコレです。



左がZで右がSとなります。

パッと見た目で違うところが1つ。脇の部分の縫い代の端の部分を見てください。

Zが、ロック始末と呼ばれる端のかがりをしてあります。

0219-6_20200219102405468.jpg

対してSは赤耳が見えます。

0219-5_202002191024034ab.jpg

これはこのデニムを織る織機の違いによります。

Zは新しいマシンで生地の幅は150cm

0219-3_20200219102401d7f.jpg

Sは古いマシンで生地の幅が80cm

0219-1_20200219102357d96.jpg

そしてシャトル織機とよばれる所以でもあるこんなシャトルを使ってヨコ糸を走らせます。

私が持っているシャトルの中空の部分にヨコ糸を巻きつけた小さなパーツをはめ込んで使います。

これが右から左へと往復しながら生地を織り上げていき、その折り返すところで赤耳部分を作り出して行きます。

0219-2_20200219102358993.jpg

Zはこのようなシャトルを使わず、ヨコ糸だけをエアーで飛ばして糸を走らせます。そしてその糸は往復させずの端にったらカットされます。なので新しいマシンでは赤耳はないのです。

新しいマシンは高速で生地を作り出せように糸をピーンと張って使います。その結果、硬くしまったZの生地が。
比べて古いマシンはゆっくり(古い時代にマシンですからね・・・)なので、緩くふくらみのあるSの生地の差が生まれるわけです。

続く

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
フリーエリア