FC2ブログ

6000Kセット!

7月の末から8月の10日まで合計6000Kをワタシこの格好で走りました。
気温40度オーバーのネバダの砂漠エリアからカルフォルニアの北のサンフランシスコの海沿い14度の中をです。
ある時はフリーウェイを平均90マイルで数時間、ガソリン無くなるまで走り続けたり、延々と大地をうねる様に続く草原の中に1本走る終わ理すら遠くて見えない下道を80マイルで走り続けたり、ある時はサンダーストームでカッパ着る間も無く全身大雨と強風に中を同じく70マイル、80マイルで走り続けたりと、それはそれは過酷な6000Kでした。



そんな6000Kで、ずつと使ったグローブがアイアングローブ3シーズン用。

0814-2_20190814110458454.jpg

熱風の中暑くてべたつきを感じたことは一度もなく、寒い中で凍えた事もなく、死ぬ程荒れた道のうねうねの山道でグリップから手が抜けた事もなく快適その物でした。

0814-3_2019081411050044a.jpg

そしてブーツはダナーライト。

0814-4_20190814110501096.jpg

不意のサンダーストーム(暴雨風)の中走り続けても中に水は入らないのは流石ダナーというとこでしたが、唯一ソールが長年の履きですり減っていて、砂道や砂利道でステップから足を外して地面につけたときに滑って怖い思いを何度かはしました。

ソール張り替えか今後はビブラムのかかとがしっかりあるワークブーツをメインに考えた方が良いかもです。
あっ、これあくまでもアメリカ6000K道の悪い中での走りでの感想ですから、日本では問題ないのかも。

そしてヘルメットはシンプソンの新型。

0814-5_2019081411050301f.jpg

インナーバイザーつきが本当に良かったです、一度走り出したらガソリン補給まで止まらずの走りでは、天気に合わせてシールドをすモクからクリアーに変えたりが出来ないので、その場でサクッとサングラスシールドが出し入れできるこいつは本当にいいです。

草原の中を突っ切る様な走りの時はマシンもヘルメットも虫の死骸だらけになって前すら見えなくなるほどなので、半ヘルやジェットだったら・・・ゾッとします、他にも90マイルから100マイルでフリーウェイを激走も普通にあるので、やはりフルフェスがワタシ的に正解でした。

試して着たイグニッションのベストは中にTシャツ着たりロンT着たり、寒い時はウィンドブレーカを着たりしなら毎日ずっと着続けました。
そのなかでファスナー付きに前の開きがとにかく便利。

0814-6_20190814110504499.jpg

上下で開くタイプの大きなファスナーなので細かな風の入りとかの調整が走りながら簡単にできるのが最高。

そして普通のトラッカージャケットと違い胸のポケットにフラップをあえて付けてないのがスマホやカードの出し入れが簡単できて便利なのは走ってリアルに感じました。袋自体も深くしてるので、使ってて物を落とす事も一度なく、高速走行で空気の流れで物が吸い出される不安も全くありませんでしたしね。

そしてジーンズはアイアンの 21ozのスニーカーカット。

0814-7_20190814110506d3d.jpg

21ozのデニムは40度オーバーの走りで暑くて・・・って感じる事もなく、14度の朝の走りで寒さも感じる事なく、兎に角体の一部の様な安定感と安心感で改めてバイク乗るなら最高のデニムってのを身を以て感じた次第です。
自分で作っておいて言うのもなんなですけどね。
そしてスニーカットのシルエットの特徴でもある前の股上が浅いことが、連日朝から夜まで走る続けていくときにお腹周りの圧迫がなく楽チンでした。この快適なお腹周りを生かしたも新シルエットも考えなきゃって感じです。

とまぁ、あっという間に走り抜けた6000キロのアメリカでしたが、何より自分が作った服がちゃんと機能することが改めて実感できた最高の時間でした。

さぁ今日から通常営業。頑張らねば。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
フリーエリア