裾上げって?

毎日沢山のジーンズがリペアで里帰りして来ます。
ありがたいことです。それだけアイアンのジーンズをはき続けていただいているという事ですからね・・・。




そんな中に、裾上げ依頼で送られてくるジーンズも沢山あります。

0705-2_201707051211317c9.jpg

そもそも裾上げってなに?って方も実はいらっしゃるかもしれませんので、ここで説明をさせて頂きます。

スラックスやパンツを買った際には、お店でご自分の股下(言い換えれば脚の長さですかね)寸法と合わせる靴などを考慮して裾の位置を合わせます。  

これを裾合わせと言います。

元来、スラックスにしろパンツにしろ、ジーンズも同じですが、普通の方の股下寸法より長めに作ります。
じゃないと短くて穿けね〜ってお客様を逃してしまうことになりますから、大は小を兼ねるじゃないですが、長くするわけです。
なので、この長く作った股下で丁度良いよ〜ってお客様はほとんどいらっしゃいません。ほぼ全員が裾合わせをします。

その裾合わせをジーンズの世界では、昔から「裾上げ」と呼んでおります。

それはスラックスなどは、裾に折り返しのカフスをつけたり、シングルカフスと言われるカフスなしにしたりと造作が伴う事があるのに対して、ジーンズは単に股下に合わせて長く作ったものから短くするのみだったから、裾の位置を上にあげるってことで「裾上げ」としたんだとワタシは思います。

そんな「裾上げ」ですが、我らアイアンではこの作業はその場でやります。イベント出店でもミシン持ち込んでますからね。

実は今時、ベテランのジーンズショップでしかお買い上げ時にその場で裾上げまでやってくれないです。
お預かりして1週間後に取りに来てもらえますか?みたいなお店も多いと聞きます。
アイアンは違います!
その場で裾位置を決めて「裾上げ」しますし、通販などで買われたお客様は、ジーンズを送っていただいて即裾上げを行い送り返ししております。

0705-3_201707051211339b5.jpg

こんな感じで、この位置でお願いね〜〜って印を入れて送っていただければ完璧です!

0705-4_20170705121134095.jpg

通常だと、到着後翌日か翌々日にはお返しさせて頂いております。

ジーンズは、スラックスなどのパンツと比べて、穿いて洗って、洗って穿いてとハードに使います。
なおかつその材料のデニムは綿なので洗い後の股下の寸法の変化が出やすい素材です。
なので、基本、始めは本来の股下寸法より長めにするのが普通です。そしてしばらく穿いて何回か洗って、改めて股下寸法をセットし直すのが、良いのです。

とにかく、アイアンは裾上げは何回やっても無料ですから、マメに裾上げしましょう!

えいやっで短くしちゃうと・・・長くは出来ないですからね〜〜
プロフィール

アイアンハート

Author:アイアンハート
アメカジとバイク好きのためのブランド【IRON HEART】のBOSSことハラキです。
海外UKのフォーラムもあります、それはこちらから
http://www.ironheart.co.uk/forum/

覗いてみて下さい!

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
フリーエリア